machikochi(マチコチ)

【池袋駅全出口紹介:第2回「44番出口」】池袋駅に東西あわせて50以上ある全出入口を網羅する本連載。今回は東京メトロの構内図にも載っておらず、ほとんど知られていない「44番出口」をご紹介します。

地上からは案外分かりやすい場所にあるが辿り着くのは困難な「44番出口」

池袋駅には、番号付きの出口が1番から44番とC1番からC10番までが存在しているのですが、なぜか東京メトロの構内案内図には44番出口が表示されていません。グーグルマップには出てくるので、今も存在しているに違いない、と池袋駅をくまなく探すこと1時間以上、地上の意外な場所で見つけました。

東口にある池袋西武の「ルイ・ヴィトン」の目の前、タクシー待機場となっている広場上に「通気口」のように建つ建物、ここに「44番」との表示が見えます。

サラリーマンが一人、階段を食事場所として活用している様子も

ところがこの出口、横断歩道も歩道もないのでどうやったら行けるのかが分かりません。止むなく東口駅前喫煙所の横を通り抜け、車の通行が途切れた隙を縫って辿り着くことができましたが、辺りはタクシーと休憩中の運転手ばかり。一般の乗客らしき人は見当たりません。

おそるおそる44番出口を覗いてみると、階段に座ってサンドイッチを食しているサラリーマンが一人。あまりに使う人がいないので、“秘密の食事場所”として活用している様子です。

これが44番出口!?

階段の脇には池袋ショッピングパーク(ISP)の防災センターもあるので、ISP職員の専用出口なのかと思ってしまいますが、それにしては、あまり役に立たないような……。階段を降りると、ドアが現われ、そこを開けるとISPの店舗が広がっていました。

場所はISP南館の「崎陽軒」の隣で、ドアには何も示されていませんが、ここが44番出口のようです。なんだか秘密の抜け道めいてますが、地下から地上へ出られる「出口」であることは間違いありません。

44番出口から見える風景、歩道や横断報道はないのでどこへも行けない。もしかすると、「出口」ではなくタクシー運転手用の「ISP入口」?

ただし、地上に出ても休憩中のタクシーしかおらず、横断歩道もないので、何もできません。車が途切れるのを見計らって走れば、東口の喫煙所に至近といえます。また、タクシーが集まっているので、乗場とも言えなくもないですが、ここからの乗車は断られそうです。

失礼ながらほとんど一般の人の役には立っていないような気がしてならない44番出口。構内地図に表示されていない理由がわかるような気がしました。

「44番出口」の目の前には以下の建物・施設が目の前にあります。

出口というより、ISPと地下駐車場の連絡口として使われている様子

  • 池袋ショッピングパーク(ISP)の防災センター(直結)
  • ISP池袋東口公共駐車場(直結)
  • タクシー待機場(タクシープール)
  • 東口駅前「区指定喫煙所」(横断歩道がないため往来は危険)

各線への乗り換え状況は以下の通り。

  • 丸ノ内線:一番近い
  • 西武線:近い
  • JR線:それなりに近い
  • 都営バス(東口)乗り場:それなりに近い
  • 有楽町線:ふつう
  • 東武東上線:それなりに遠い
  • 副都心線:遠い
  • 西口バスターミナル:一番遠い

出口までの環境:(一般の人が見つけ出すことも利用することも困難)

池袋駅「44番出口」のグーグルマップはこちらをご覧ください

【関連記事】

<池袋駅の全出口紹介>意外と地味な「1番出口」は1aと1bの2つ、マルイ裏手(第1回、2017年4月16日)

【参考リンク】

東京メトロ池袋駅の構内図(44番出口は未掲載)

池袋ショッピングパーク(ISP)のフロア図(23番の崎陽軒の隣に非常口マークが見える。ここが44番出口)